練習帳

路上( mixologist2828.hatenablog.com )の下書きアカウント

路上1

昨日が最悪の1日だったからかネットカフェが寒くて眠れなかったからか知らないけれど、腿に乳酸が溜まっていた。その上退室時間を寝過ごして追加料金を取られたので今朝も最悪だな、と思う。Wi-Fiのない店でモーニングを食べてしまったので、もう一度スタバに入り直さなければならなかった。今日もベッドのダメな側から起きてしまったのだろうか。

なんだかんだで、路上に出れたのは11時半だった。中村区役所の交差点で20分くらい立っていると、経験者のお兄さんが烏森に行くといい、と教えてくれた。ヒッチハイクポイントの探し方は色々あるけれど、最も確実で手っ取り早いのは地元の人がに聞くことです。烏森に向かう通りはビルも少なく、汗が吹き出して足が蒸れる。高架下の中央分離帯で立っていると、30くらいのカップルに拾ってもらえた。ヒッチハイク最難関の1台目を拾えてひとまず安心する。

小型の乗用車のうしろの席が倒されて4匹の犬が乗っていて、そこに俺も乗ることになった。

理想の働き方とか、犬同士のけんかとか、とりとめのないことを話しているうちに彼らは長島で高速を降りたので料金所の外に降ろしてもらった。

田んぼと話中集落の家々と高速道路が夏日の日差によく映えていた。

程なくしてつぎの車は捕まった。大阪人夫婦で年は50代くらい。道の駅にはまっていて、岐阜にお墓参りをした帰りに各地の道の駅に立ち寄りながら帰っているらしい。後部座席に積んである大きなクーラーボックスの中は全部道の駅で買ったお土産だそう。彼らは四日市まで行くと言っていたが、いいサービスエリアが無かったのでそんなに進まなかった。

サービスエリアでは大抵20分も待てば拾ってもらえる。つぎの人も50代くらいの夫婦で、菰野から息子の住んでいる名古屋に行った帰りで、後ろに息子の荷物のマットレスやらなんやらが乱雑に積んであった。彼らも四日市に立ち寄るらしかったが、一つ先の御在所パーキングエリアまで乗せてくれた。御在所パーキングエリアはそれなりに規模が大きく、車も満車状態だった。ざるのきしめんが700円と、かなり法外な値段だったけれど、腹が減っているものはしょうがないし、長距離が捕まって食べる機会を失う可能性もある。

御在所は出口にガソリンスタンドがあって、その庇の影に入れてもらえた。車が多い割にあまり止まってくれる人がいなかったけれど、車が来ない時はガソリンスタンドのおっちゃん達と世間話をしていられたので(ほとんどはこのヒッチハイクのことを聞かれたから、世間話とは呼ばないかもしれない)、あまりキツくはなかった。初めは亀山から新名神へ乗りたいと思っていたが、さっぱりだったこともあり、大阪へ帰るバンのお兄さんが声をかけてくれた時にはまぁいいか、と思って乗せてもらうことにした。どうやら天理あたりを通るらしいので、そこから近鉄で帰ったっていいと思った。5時半には父親の誕生日プレゼントを買いに行くという約束をしていたので、あまりぐずぐずしている時間はなかった。

彼は名古屋で働くコーキング職人で、5年ぶりに地元大阪の同窓会のために帰っている途中。中学では全国選抜に選ばれるほど野球がうまく、高校も推薦で進学したらしい。父親も無名だけれどもプロだったそう。しかし1年生の時に肩を壊して、復帰するまで裏方に回るのが耐えられずに退学する。野球推薦の生徒は、実質、退学するしか野球を止める方法はないそうだ。他にもいろんな高校野球の裏側の話を聞いた。学科をやめた彼は、名古屋でコーキング職人になった。こちらでは高校中退で修行に入るのが早かったのが幸いしたらしく、俺と1つしか違わないのにすでに自分の会社で5-6人を使っているそうだ。俺より10年時間の進み方が速い。できちゃったではあるがいい相手と結婚して、3人の子供は野球を始めるほどには成長している。彼は、東大なんて想像もつかんわ、すごいなーとか言いながら齢25で大きな6シーターを運転する社長さんで、そっちの方が凄すぎて想像つかない。まったく、同じ言葉で喋ったいるのが不思議なくらい遠い世界に思える。

 そのうち、共に建築分野であることに話題は飛んで、旅の後半はほとんどが施工管理の現場監督への悪口になった。ぼんやり相槌を打ちながら、この業界は大変だなあと思っていると、天理のサービスエリアに着いた。15時半だった。

 親と夕食の予定があり、17時半までに京都に帰りつかなければならなかったので、ヒッチハイクはここまでで諦めて、下へ降りる。NEXCO西日本管内のパーキングエリアは一般道から歩いて上がることが出来る。グーグルマップを調べると最寄りの駅まで2-3キロであったので、歩くのが早いだろう。降りたところは田園地帯のど真ん中だった。田んぼや畑の中に条里制の名残のある古い集落が点在していて、畑では定冠詞をつけたいくらい見ての通りの農家のおばちゃんがぽつぽつ、農作業をしている。

  田んぼ沿いの道は暑かった。それに幅員が十分でなく、スレスレのところをそれなりのスピードで車が通り過ぎる。しかしどうやら間違っているのは歩いている俺の方で、あわよくば駅まで、と、親指を立てながら歩いていると、車内からの怪訝な目線をしっかり感じる。

陽が少し傾き始めた奈良盆地は、晴天だったこともあってとても綺麗だった。最初に日本に政権を立てた人たちがここにたどり着いたのもわかるきがする。

 結局、近鉄天理線の小さな駅までの2.5kmを乗せて行ってくれる車はおらず、自ら歩き通すことになった。16時に俺は前栽駅に到着して、この日の路上の旅は終了した。